女性

乾燥肌の正しい対策方法で潤い溢れる肌に!

失われた美容成分を補う

基礎化粧品

正しいケアのための工夫

加齢によって肌はしわやたるみ、くすみなどの多くのトラブルを抱えるようになります。その対策としてエイジングケア化粧品は大きな効果を発揮しますが、正しいケアを行うための工夫として知っておきたいことも多くあります。工夫したい点の1つ目に、肌老化の要因に合わせた美容成分を肌に与えてあげることです。例えば加齢によってコラーゲンやエラスチンが減少し、表皮が薄くなる菲薄化は肌老化の症状の1つで、肌の弾力がなくなったり、新陳代謝の衰えを招きます。菲薄化対策にはヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどの保湿成分を補ってあげる化粧品が特に有効です。また女性ホルモン低下による肌機能の低下対策として、ビタミンEなどのホルモン分泌を促す成分が配合されたエイジングケア化粧品を選ぶ工夫も効果が期待できます。

肌に合わせて早めにケアを

肌の加齢対策をスキンケア化粧品で行うエイジングケアは、一般的にはたるみやシワといったエイジングサインを感じ始める30代から行う人が多く見られます。しかしエイジングケアは肌に合わせて適切な時期から開始することが大切です。エイジングケアの知識として覚えておきたい点の1つとして、若いころに紫外線を多く浴びるなど肌にダメージが蓄積した量が多い人は、その分だけ肌の衰えも早くなります。また出産などによって体調の大きな変化を経験した場合も、エイジングサインが出やすくなります。そのためエイジングケア化粧品を使い始める最適な時期は人それぞれ違ってきます。理想としてはエイジングサインが現れる前から開始することが望ましく、そのためにも日々の肌の変化に敏感になっておくことも重要です。